スポンサーリンク

夫婦喧嘩は避けては通れない?

杳

おはよー。杳だよ

この間、かなり大きい喧嘩を智さんとしたよ。

中々喧嘩することないのだけれどね。

でも色々あって、こういう夫婦生活が何年も続くと思うと、きついなってなったよね。

なんか毎日イライラしてたし。

ということで、今回の喧嘩をまとめてみた。

喧嘩の流れ

まずは事の発端から。

夜の営みが一か月近くなかった割に、奉仕を求める頻度が多い。

それが不服だと伝えたところ、「じゃあしようか」と言われる。

嫌々するみたいで嫌だと思った私はそれを拒否。

それからというもの、毎日智さんのことを考えてイライラし始めた。

咳が治まらなくて、ストレスになってたのもある。

 

私は問題を解決したいのに、智さんは何も応えない。

挙句、聞こえてない振りをして無視するか、火に油を注ぐ。

(「ヤるのは疲れるから好きじゃない」発言等)

何だか全てが嫌になった。

 

「そんなに嫌なのであれば、身体の欲求は他者で済ませたい」と伝えたところ、怒り出した。

全く意味不明だった。

私としては、貴方が嫌って言うから代替案を出してるのに何キレてんだって感じ。

 

そんな感じで三日くらい経った頃、何だかよくわからなくなった。

仲良くしたいのに、何故かイライラする。

イライラしたくないけど、イライラする。

結果、帰宅した智さんに対して不機嫌になって泣いた。

もうよく分からんかった。

智さんが何なのかわからないし、どうしたら解決するのかもわからなくて。

 

もうダメかも知れないなって思ってた。

離婚かなーって。

そうなったら、智さんは過去の女とは一切関わらない奴だから、お別れだなーって。

そんなことをぼんやり考え始めるくらいには、別れの気配が漂ってた。

智さんは今までロクに話し合ってくれたことはないから、話し合いに期待はできないし。

きっとこのままじゃ、話し合うこともなく緑色の紙が出てくるなぁって思った。

転機

このままじゃダメだって思った私は、ご飯作るのを放棄した。

そして智さんにLINEを送る。

杳

なんだか今日は急いで帰ってきてね

智夜
智夜

なんだか?

杳

ご飯食べに行くの!

ご飯を食べに行くことにした。

家で話すと、智さんは漫画に逃げたり、テレビに逃げたり、パソコンに逃げたりするから。

そしてご飯を食べながら、話始める。

 

智さんは言うと怒るからと言って、喧嘩になると口を閉ざす癖がある。

そこをまず話させないと、解決しないなって思った。

というか、普段も喧嘩ふっかけるようなことを言うのに、何を今更って感じなのよね。

いつもはそれで冗談じゃーんとか言うの。

冗談って、相手が冗談だと思えば冗談だけど、そうじゃなきゃただの悪口だからね。

この期に及んで、何が怒らせちゃうだよ。

怒るようなことを自分が思っているという時点で、お互いの価値観に相違があるんだから話し合って妥協点探すしかないじゃんか。

何故それがわからないんだ!

お前、他人と付き合っていく気あるのかよ?

とか色々思った。

 

挙句、

「浮気するとかずっと言ってると、俺にも一線ってのがあるからね?

越えたらもう、緑の紙だよ?」

とか言って脅されたり、

「二週間に一回するとか決めたら満足なんか? あぁ?」

みたいな感じで言われたりもした。

 

そういうことじゃないんだよ。

何故わからないのか、わからないとか思ってた。

そして智さんには、愛に付属する感情や思考プロセスが一切理解出来ない奴と判明。

ある程度わかっちゃあいたが、ここまでとは……って思ったね。

 

この話し合いによって、私が直してほしいところを明文化することに決まった。

言われたことを、すぐに忘れちゃうんだって。

それって私の言葉なんて、どうでもいいってことですよねって感じ。

やってらんないわ。ほんと。

それに明文化したところで、直してくれるかは別の話なんだけれど。

喧嘩をして思ったこと

とりあえず一歩前進かな。

私の生きる時間と智さんの生きる時間に差がありすぎて、上手く噛み合わないけれど。

智さんはのんびり屋(自己中心的な我儘)さんだからね。

せっかちな私とはどうも合わないみたい。

 

でも、ちゃんと話してほしい。

何もかも。

それで怒ったりすることもあるけれど、それは他人が一緒に人生を歩いていく上で必要なことだよ。

だって他人だもの。

だからこそ、ちゃんと向き合って話し合いたい。

夫婦になったんだから。

この先、二十年も三十年も一緒に居たいと思ってるから。

 

まあ、智さんは私のことを愛してるってんじゃないから、仕方ないのかも知れないけれど。

少しは私を見て欲しいものだ。

ちゃんと私という人物を見て、向き合って欲しいものだね。

ま、中々難しいかも知れないけれど。

ゆっくりでもいいから、夫婦になっていけたらいいな。

目指すは仲良し老夫婦。