スポンサーリンク

自分を完全否定する人に気を付けて

杳

おはよー、杳だよ

なんかやたらと否定して、お前はおかしいんだと言ってくる人がいる。

年齢が上だからとか、経験があるからなどと言いながら否定してくる人がいる。

その人たちの言葉を鵜呑みにする前に、少し疑って欲しい。

アナタのことを、洗脳しようとしているかも知れないよ?

洗脳って?

洗脳(せんのう)

強制的な手段によって相手の思想や主義を、根本的に変更させること。

怖いよね。

洗脳って。

本来の意味で言えば、拷問とか薬使って変えることなんだよね。

今回扱うテーマは、洗脳というよりマインドコントロールについてなんだけれど、最近は洗脳とマインドコントロールはごっちゃにして語られるので、私もごっちゃにする。

 

でも、結構身近なものなんだよね。

マインドコントロールってのは。

日常に潜む洗脳による支配でいえば、パワハラやモラハラも支配行為の一つ。

精神的、肉体的に相手を疲弊させて、自分の意のままに操ろうとする。

親ですらそういう人がいるから、怖いよね。

全く関係ない人からしたら、「お前は一体何様なんだ」って感じだけど、集団の中ではそれがよくあることなんだよね。

 

私の考えなんだけれど、支配と洗脳は同一のものだと思うの。

こういうのは、友人関係とかでも起こりうるから怖いところ。

すごい発言力のある友人の望むように時間を割いたり、パートナーの望む人間になろうとしたり。

そういうのって、正常ではないよね。

案外その場にいるときは、気付かないものだけれど。

 

だから閉鎖的なグループというか、同じグループだけに属するってのは危険。

同じ意見に囲まれるから、感覚が麻痺して、思考を放棄しやすくなる。

すると、ずっと洗脳や支配をしようとする人間のターンになっちゃう。

そうなると抜け出すのは大変。

身も心も疲弊して、洗脳を自覚出来ない状態で洗脳されていく。

 

人間ってのは弱いものだからね。

こう、誰かに引っ張ってもらいたいこともある。

そういうのを悪用するのが、洗脳。

極端に自分を変えようとする人には、何かしら裏があると思ったほうがいい。

だって他人を変えるのって、裏がなきゃ出来ないじゃん。

自覚なき洗脳

場の雰囲気に呑み込まれて洗脳されたりする。

それは、自覚のないまま洗脳されていく状態。

自覚なく洗脳された集団は、結構怖い。

自分のいる集団こそが正義だと、思わされるから。

自らを正義だと思ってる人は、その正義を遂行するためであれば何でもできちゃうからね。

結構過激になっちゃう人がいる。

異論を唱えた人間を徹底的に叩いて、矯正しようとする。

その集団の中にいる人的には、善行なんだろうけどね。

外から見れば、異常な集団よ。

尚且つ、同じ考え方の人しかいないから、異常さに気付けない。

中々怖いものだよ。

どういう人に気を付けたらいいのか

じゃあどういう人が洗脳による支配をするのだろうか。

おおよその特徴を挙げてみよう。

こういう人に気を付けて!
  • 気に入らないことがあると、こちらが謝るまで無視したり、不機嫌になる人。
  • 大声で怒鳴って、言うことを聞かせようとする人。
  • 自分の思い通りにいかないと、脅したりしてくる人。
  • 事あるごとに、「お前はダメだな」等の言葉を吐く人。
    「普通~だろ」等の発言も注意。
  • 殴ってくる人。
    そのあと優しくなる。
  • やたら聞き上手で、悩みとかを吐き出しやすい話の運び方をする人。
  • こちらの友好関係を気にする人。
  • 周囲から孤立させようとする人。
  • 「あなたのため」って言って、あれこれ強制してくる人。
  • 何かお願いが多い人。

オレンジはモラハラの特徴。

赤は友人や知人からスタートする洗脳によくある特徴。

赤はモラハラしてる人もやる。

というか、猫を被って寄生先を探してる人の手法。

 

つまり、こういう人に出会ったら警戒したほうがいい。

寄生(自分の意のままに出来る相手)が欲しいだけの、弱い人の可能性が高い。

だから、甘い顔を見せちゃダメなんだ。

寄生されるから!

 

「あなたのためを思って」とか「あなたが将来苦労しないように」とか言って、完全否定してくる人も注意。

ほぼほぼ自分のためだから。

まともに聞いちゃいけない。

自分の道は、自分で決めるものであって、誰かに決められるものではないからね。

勝手に決めようとしてくる人は、基本的に自分のエゴで他人を操りたいだけの人だよ。

どうしたらいいのか

 逃げる前段階で言えば、出来ることは結構ある。

対策
  • 知識をつける。
    知識があれば、異常に気付ける可能性が増える。
    騙されないためには、最低限中学程度の知識はあるほうがいい。
    あと多少の法律の知識。
  • 相談できる窓口は多い方がいい。
    所属するグループによって常識が違う。
    色んな所と繋がりを持つことで、異常を指摘してもらえる可能性が増える。
  • 自分をしっかりと持つ。
    自分の事は自分で考えよう。
    自分の考えを、誰かに任せちゃダメ。
    考えることを放棄しないで。
  • 自分と他人の境界線を把握する。
    自分は自分。他人は他人。
    全部が同じ考え方なんてことはない。
    自分と他人を同一視して、物を考えてはいけない。
  • 他人の言うことに聞く耳を持つ。
    アナタを思って言ってくれてるかも知れない。
    自分の視野が狭くなって見えないことも、外から見ている人だったら見えることもある。
    でも100%聞く必要はない。50%くらいでいい。

しかし相手は、暴力等で支配しようとしてくるだろう。

そうなったら、逃げるしかない!

そういう人は、話が出来ない。

まともに話すだけ無駄だ。

相手は人ではないのだ。

野生本能でしか考えられない人間なのだ。

 

「自分がいなくなったら、会社が回らない」とか「自分がいなくなったら、この人はダメになる」とか、思っちゃダメ。

相手の思う壺だから。

弱い人間のことなんか気にしちゃだめだよ!

一番に大事にするべきは他人じゃない。自分だ。

 

「何もなければいい人」と思っているかも知れない。

何か起きても、いい人はいい人。

何か起きた時に他人を傷つけたりするような人は、それが素なのだからアウトなんだよ。

別に逃げていいんだ。

死ぬわけじゃない。

そりゃあ、今の日本ではレールから外れたらお終いだって思うかも知れないけれど。

死ななきゃどうにかなるよ。

 

私はね、何度か死にかけた。

お金なくてね。

若かったんだよ。

適当に生きて、もうダメだーってところまで落ちた。

でも助けてくれた人がいた。

死ななかったから、今ここにいる。

 

声を出さずにいたら、生きてなかっただろうなぁ……。

誰かに助けを求めることは、とても大事なことだと思うの。

声を挙げても、誰も助けてくれなかったかも知れない。

場所が変われば、人も変わるから諦めちゃダメだよ。

まとめ

助けを求めることは、負けじゃない。

逃げることは負けじゃない。

未来で勝つための、戦略的撤退だ。

 

他人の常識に合わせる必要はない。

自分の常識で考えよう。

相手も勝手なんだから、自分も勝手でOK。

それで離れる人なんてのは、アナタに必要ない人間だよ。

一度だけの人生だ。

他人のために、疲弊する時間なんて無駄よ。