スポンサーリンク

たいようのはな。

あらすじ

桐崎晃汰は、恋人である沢渡紗奈と共に、東京から生まれ故郷である花守村へと帰ってくる。

着いて早々、紗奈の願いで向日葵畑を見に行くと、幼馴染である双海夏希と再会し、物語は加速する。

名もなき画家が残した桜の絵、そこで見た二人の桜の精。

突然襲い来る原因不明の頭痛。

紗奈の謎の言葉。

『あなたは、花になってはいけません』

現実と夢の狭間で、晃汰が見つけた真実とは。

季節の悲恋物語シリーズ第二弾『たいようのはな。』

たいようのはな。一章:なつのはじまり。
たいようのはな。一章:なつのはじまり。
比率1:2:1
たいようのはな。二章:幼馴染の涙。
たいようのはな。二章:幼馴染の涙。
比率1:2:1
たいようのはな。三章:冬の記憶。
たいようのはな。三章:冬の記憶。
比率2:2:1
たいようのはな。四章:さくらの想い。
たいようのはな。四章:さくらの想い。
比率1:2:1
たいようのはな。五章:永久の誓い。
たいようのはな。五章:永久の誓い。
比率2:3:1
たいようのはな。六章:水面の君。
たいようのはな。六章:水面の君。
比率1:2:1
たいようのはな。七章:夢の終わり。
たいようのはな。七章:夢の終わり。
比率1:2:1
たいようのはな。八章:たいようの香り。
たいようのはな。八章:たいようの香り。
比率1:2:1
たいようのはな。九章:彼女のねがい。
たいようのはな。九章:彼女のねがい。
比率2:3:1
たいようのはな。十章:最後のことば。
たいようのはな。十章:最後のことば。
比率2:2:1
たいようのはな。最終章:たいようのはなたち。
たいようのはな。最終章:たいようのはなたち。
比率2:2:1