スポンサーリンク

とある洋画のワンシーン(浮気編)

登場人物

配役(1:1:0)

A(女):

B(男):

とある洋画のワンシーン(浮気編)

A「ねぇ、ダーリン。昨日、あなたの車の助手席に乗っていたのは誰なのかしら?
詳しく教えてくれない?」

B「OKハニー。きちんと説明するから、まずはそのナイフをおろしてくれないか。
さっきからちびりそうなんだ」

A「別にちびってもかまわないわよ? 小さい方でも大きい方でも。
私が納得できる説明をしてくれるのなら」

B「あー、前に夕食に招待したダニーを覚えてるか?
ほら、背の高いブラウンの目をしていた奴だ」

A「えぇ、覚えているわ。あなたがクラブで他の子を口説いていたのを教えてくれた人よね?」

B「あ、あぁ、その通りだ。だけど、その話は翌日じっくりとしただろう?
だから、ナイフを近付けるのをやめてくれ」

A「あら、ごめんなさい。つい」

B「そ、それで昨日車の助手席に乗せていたのは、ダニーの恋人のヨーコだ。
もうすぐダニーの誕生日だから、あいつが喜ぶプレゼントを選ぶのに付き合ってただけだ」

A「本当かしら? ちょっと携帯貸してくれる?」

B「何をする気だ?」

A「ちょっとダニーに確認するだけよ。恋人の名前を」

B「OK、OK。そういうことか、お安い御用だ。
あー、ちょっと待ってくれ、よし、これでダニーにつながるはずだ」

A「……ハーイ、ダニー。覚えているかしら? マイクの妻のリリーよ。
突然ごめんなさいね、ちょっとあなたに聞きたいことがあって。
えぇ、そうなの。ダニー、今、マイクから聞いたんだけど、あなたもうすぐ誕生日なの?
あら、そうなのね、おめでとう。なら、パーティーをって……。
ごめんなさい、あなたには可愛い恋人がいるんだったわね。
……え? 少し前に別れたの?」

B「……なに? 待て、待ってくれ」

A「それならパーティーを開いても構わないわよね。
予定が空いているならどう? ううん、全然いいのよ。
あなたのおかげでマイクの嘘が分かったから」

B「嘘だろ? 冗談だと言ってくれ、ダニー。
あんなに自慢していたじゃないか」

A「そうね、あなたの言う通り、よくよく話をしようと思うわ。
暴力は何も生まないものね。えぇ、ありがとう。
それじゃまた連絡するわね、バイ」

B「……ベイビー、よぉく聞いてくれ。これには深いわけが」

A「一度刺されないと分からないようね、あなたは……」

B「暴力は何も生まないってさっき」

A「暴力じゃないわよ。これはただの罪に対する罰なんだから」

B「アー!!!」

 

おわり​

この記事を書いた人
智夜

仮面夫婦の夫。動画作成や別名義で声劇台本やセリフを書いている。
最近、煙草をやめるように妻に言われて、禁煙をしてはまた吸ってしまう日々を繰り返している。
別名義:モモチヨロズ。ツイキャスやリスポン、スプーンに現れる。
声劇歴だけは異常に長い。

声劇台本
スポンサーリンク
仮面夫婦の仮面の中