スポンサーリンク

数え歌と心中

登場人物

配役(1:1:0)

男:

女:

数え歌と心中

≪数え歌は適当にふしつけてください≫

~遊郭にて~

女「一つ、独り(ひとり)は寂しと泣いて、
二つ、二重(ふたえ)の契り(ちぎり)を交わす……」

男「なんじゃ、またその歌か」

女「おや、起きんしたか」

男「へへ、相変わらず、ぞっとするほど別嬪だな、お前は。
寒気がするくらいだ」

女「そんないじめんでくださんし」

男「好いたおなごほど苛めたくなるものよ。
ほれ、まだ寒かろう。こっちへこい」

女「あい」

SE:スルル……

男「うおぉ!? 雪みてぇにつめてえな。
こいつぁしっかりあっためてやんねえとな」

女「んっ……、あい。あちきのこと、融かしてくださんし」

男「あぁ、曙にゃあまだ早えからな」

女(頭ん中で繰り返すは、おっかさんから教えてもらった数えうた。
三つ、巳(み)を食み、魅に溺れ、
四つ、夜の音(ね)、褥(しとね)を濡らす)

男「あっという間に融けちまったな。
もう湯のようだぜ」

女(五つ、今際(いまわ)の宵の果て、
六つ、無残な曼殊沙華)

男「どうした、そんな泣きそうな目をして」

女「ぬしさんの、ややこが欲しい……」

男「あぁ、いいぜ。いくらでも注いでやる」

女(七つ、名無しの子を抱ひて、
八つ、八千代(やちよ)に思ひます)

男「はぁ……、はぁ……」

女「あぁ、おっかさんの言った通りだ。
なぁんも怖くねえ」

男「ぁん? 何を言って……」

SE:ザシュ!!

男「っぐぅっ!!! おめぇ……!」

女「九つ、今生(こんじょう)、悔いはなし。
十で黄泉路(よみじ)をとおりゃんせ。
ぬしさま、愛しております。
ずっとずっと……」

男「っかは……、ったく、しゃあねえな……。
一緒に逝ってやるよ……」

女「……あい」

男「さっさと来ねえと、置いてっちまうからな……」

女「あい……。
……一つ、独りは寂しと泣いて、
二つ、二重の契りを交わす。
三つ、巳(み)を食み、魅に溺れ、
四つ、夜の音、褥を濡らす。
五つ、今際の宵の果て、
六つ、無残な曼殊沙華。
七つ、名無しの子を抱ひて、
八つ、八千代に思ひます。
九つ、今生、悔いはなし、
十で黄泉路をとおりゃんせ……。
この子と一緒に……」

SE:ザシュッ!!

おわり

この記事を書いた人
智夜

仮面夫婦の夫。動画作成や別名義で声劇台本やセリフを書いている。
最近、煙草をやめるように妻に言われて、禁煙をしてはまた吸ってしまう日々を繰り返している。
別名義:モモチヨロズ。ツイキャスやリスポン、スプーンに現れる。
声劇歴だけは異常に長い。

声劇台本
スポンサーリンク
仮面夫婦の仮面の中